新練習グリーン、未だ使えず

新しい練習グリーンですが、当初使用開始を予定していた7月頭から、だいぶズレこんでしまっていて大変申し訳ないです。思いの外、細かい不陸が多く、刈高を落とせない状態が続いています。

グリーンは最終的には4mm以下の刈高で刈りますが、細かい不陸があると狙った刈高よりもずっと短く刈れてしまうことがあります。例えば1、2mmの凹みが直径30cm程度あるだけで、その周囲の刈高はおそらく3mmを切ってしまいます。なので、そういった窪みを一つ一つ手で砂を入れてやって埋めていき高さ調整をする必要があります。しかし、夏は刈りこみ作業が一番忙しい時期ですし、ベントグリーンは暑さに弱いので手がかかります。限られた人員で手目砂をして調整していくには余裕がなく、時間がかかってしまっているのが現状です。

5mm近くまで刈高を落としてきましたが、部分的にかなり刈高が低くなり、はげてきている箇所が見られるので、刈高を上げざるを得ない状態です。既存の練習グリーンにも負担がかかるため、一日も早く新しいグリーンを仕上げたい気持ちでいっぱいですが、その他の作業もギリギリのところでやっていますので、もうしばらくお待ちください。

This entry was posted in Turf Management. Bookmark the permalink.